渋谷区の眼科なら、道玄坂 加藤眼科
HOME English お問い合わせ 採用情報
クリニック案内 目の病気について 一般診療 専門外来 オルソケラトロジー 眼ドック
一般診療
加藤眼科では最新の設備を備えて患者様本位の治療を行っております。
角膜疾患、アレルギー、白内障、緑内障、網膜疾患、視神経疾患などあらゆる眼疾患に対応可能です。
当院で治療できない疾患に関しては、それぞれの疾患を専門とするわが国で最高レベルの施設を御紹介しております。
また、眼疾患に関するセカンドオピニオンにも対応しておりますので遠慮なくお申し出ください。
診察室
施設・設備 診察の際は現在の眼の状態を液晶モニターに映し出してわかりやすくご説明しています。 症状、検査、治療などに関して納得のいくまでご質問ください。
自動視野計
自動視野計 現在世界的に最も信頼されている視野測定装置です。緑内障の早期発見などに威力を発揮しています。SITAプログラムという最先端のプログラムを導入し、短時間に正確な視野測定が可能です。そのほか視神経疾患や脳疾患のスクリーニング等に有用です。
角膜形状解析装置
角膜形状解析装置 角膜表面の6000箇所以上のポイントを測定し、角膜の形状を精密に解析します。コンタクトレンズのより理想的なフィッティングを可能にし、またレーシックやオルソケラトロジーの施行前後での効果判定に有効です。
網膜光凝固装置
網膜光凝固装置 レーザー光線を網膜に照射することによってさまざまな眼疾患の治療に役立ちます。 糖尿病網膜症ではレーザー治療によってその進行を抑えることが可能です。網膜に穴があく網膜裂孔という病気ではレーザー照射によって網膜はく離への進行を予防できます。
角膜内皮細胞解析装置
角膜内皮細胞解析装置 角膜内皮細胞は黒目の内側にあり角膜の透明性の維持に重要な役割を果たしています。年齢とともにその数は減少していきますが、特にコンタクトレンズの長期装用や白内障術後に減少することが知られています。この装置では角膜内皮細胞の数、大きさ、形などを解析し角膜の健康状態をチェックします。
神経線維層厚測定装置
神経線維層厚測定装置 最新の眼科診断装置です。CTやMRI検査とは原理が異なりますが、簡単な撮影によって非常に精密な網膜の断層像を得ることができます。さまざまな眼底疾患や緑内障の診断に有用です。緑内障では極めて初期の段階から診断することも可能です。指標をのぞき込むだけで短時間に検査が終了しますので、患者さんにとっての負担が少ないことも大きな長所です。結果はカラーマップとグラフで表示されますので、経時的に定量的な比較を行い緑内障の進行の有無を判断できます。
このページのTOPに戻る
(c) Copyright 2014 KatoEyeClinic. ALL Rights Reserved.
受付時間   午前10:30-12:30 午後2:00-7:00
土曜・日曜・祝日も診察
日曜日のみ午後6時受付終了
TEL:03-6415-3190  FAX:03-6415-3239  MAP