渋谷区の眼科なら、道玄坂 加藤眼科
HOME English お問い合わせ 採用情報
クリニック案内 目の病気について 一般診療 専門外来 オルソケラトロジー 眼ドック

目の病気について

網膜の病気

中心性網膜炎(中心性脈絡網膜炎)

photo眼底の中心部の網膜の下に水がたまって、見づらくなる病気です。この部分は視力を出す重要な場所なので視野の中心部が見づらくなったり、ものが小さくみえたり、ゆがんだりという症状が起こります。原因の詳細は不明ですが、比較的働き盛りの男性の片眼におこるケースが多く認められます。過労や寝不足、ストレスが誘因となって生じることもあるので、できるかぎり過労をさけ安静にする必要があります。

診断をより確実にするためには、腕の血管から造影剤を注入する蛍光眼底検査を行います。
造影剤の漏出箇所がわかればその部分にレーザー光線をあてて治療する場合もありますが、漏出箇所が網膜の中心部に近い場合はレーザー治療によって視野の中心が見づらくなってしまうこともありますのでレーザー治療の適応にはなりません。
治療薬剤として、消炎剤、循環改善剤などの内服を用いますが、すぐに著効をしめすというほどの効果は期待できません。一般には2−3ヵ月で改善することが多く、重篤な視力障害を残す可能性はほとんどありませんが、再発しやすく、軽度の視力低下が持続してしまうこともあります。

 
このページのTOPに戻る
(c) Copyright 2014 KatoEyeClinic. ALL Rights Reserved.
受付時間   午前10:30-12:30 午後2:00-7:00
土曜・日曜・祝日も診察
日曜日のみ午後6時受付終了
TEL:03-6415-3190  FAX:03-6415-3239  MAP